SVD210

 SVD210
 騒音振動表示データ収録装置(自立スタンド型)

 NETIS登録商品 登録番号:KK-160029-A

騒音振動表示観測装置 SVD-210は、現場や作業所に設置し騒音レベルと振動レベルを同時に

表示すると共に、メモリーカードに収録した内容より評価など環境管理に役立てることが可能です。

内部に計量法の検定に合格した振動レベル計を使用しています。

 特長

ten2 多機能タイマ-搭載

ten2 表示・データ収録をそれぞれ制御可能。

ten2 全天候型で屋外に設置可能

ten2 メモリーカードに0.1秒毎の騒音・振動の瞬時値を自動収録

ten2 騒音・振動レベルの瞬時値を1秒毎にデジタル表示器に表示

ten2 AC出力搭載でレベルレコーダ等の同時記録も可能

ten2 専用パソコンソフトで日報作成可能(オプション)

 

 仕様

デジタル表示範囲 20~99dB 1回/秒 2桁 文字高さ 98mm
メモリカード書き込み範囲 騒音:20~110dB(A) 振動:20~90dB(VL)
データ書き込み時間 0.1秒毎
メモリーカード コンパクトフラッシュカード
データ収録可能時間 8hx20日間(64Mカード)
デジタル表示周期 1秒/1回
出力 騒音計交流出力端子、振動計交流出力端子
警報設定値 騒音計 ~99dB 1dBステップ 振動計 ~90dB 1dBステップ
警報出力

騒音(赤) 振動(緑)
値を超えると作動し、設定値以下になると10秒後に停止します。

タイマー 取り込み開始、終了時刻を1分単位で設定できます。
子機出力 RS422採用(ケーブル延長1000m迄可能)
収納ケース 防滴構造
供給電源 AC100V 70VA
外形寸法 735(W)x260(D)x530(H)m(突起部含まず)
重量 約35kg(本体)

<PDFカタログ>